お気に入りリストを見る   カートをみる   マイページへログイン   ご利用案内   製品レビュー   お問い合せ   サイトマップ

ヘプコ&ベッカー / Hepco&Becker


ヘプコ&ベッカー Presented by Peitzmeier Co.
メーカー直取引 正規輸入代理店



ヘプコ&ベッカー / Hepco&Becker とは

本場EUのクロスボーダーライダーが愛用する代表的なブランド、ヘプコ&ベッカー。
トップケースやサイドケース、パニアケース、エンジンガードなどに代表される、長年培われたその堅牢性、利便性、信頼性はEUをまたにかけるライダーのお墨付き。ツーリングはもちろん、ちょっとした街乗りなど、様々なシーンでヘプコ&ベッカー製品が活躍します。主な主力製品は下記となります。

トップハードケーストップケースホルダー
サイドハードケースサイドケースホルダー
ソフトサイドバッグ / ケースソフトサイドバック / ケース ホルダー
タンクバック

トップハードケース

クロスボーダーの多くが選ぶヘプコ&ベッカー製トップケース。オフロード、ロードスター、デュアルパーパスなど、様々な車両の個性にマッチするデザインをラインナップ。
アルミと樹脂を基材としたトップケースは従来の製品から大幅な軽量化を実現。その結果、重心が高くなってしまう事を極限まで抑え、走行安定性に大きく貢献します。
取付にはヘプコ&ベッカー トップケースホルダーが必要です。
※ユニバーサルプレートタイプのみ、ユニバーサルプレートタイプ専用の汎用ホルダーが付属しています。このタイプのケースは通常のトップケースホルダーは使用できません。

トップケースホルダー

ヘプコ&ベッカーのトップケースを搭載するために必要なトップケースホルダー。 車種別専用の他にも汎用のホルダーをラインナップ。
アルラックとイージーラックの違いは 垂直に立っている位置決めガイドがボルトで取り付けのアルラックに対し、イージーラックは折りたたみ式となっています。トップケースを使わないときは折りたたむことでちょっとしたフラットキャリアとなり、大変便利です。

サイドハードケース

ヘプコ&ベッカーのサイドケースはアルミ製と樹脂製をラインナップ。軽く、丈夫にできており、車両の挙動への影響を少なくし、利便性を追及した商品となっています。サイズ違いなどもラインナップ氏、使い方に合わせた商品をお選びいただけます。

サイドケースホルダー

サイドケースホルダー Lock it systemサイドケースホルダー 標準タイプ
Lock it system標準タイプ
rizoma ミラー rizoma ミラー rizoma ミラー
Lock it systemとは 下側のロックイットボルトを90度まわして外します。 上側のロックイットボルトを90度まわして外します。 後ろに引き出し、取り外します。

ヘプコ&ベッカーのサイドケースホルダーはすべて車種別の専用設計品。スマートで頑丈にできており、ヘプコ&ベッカーのサイドケースを確実にホールドします。
サイドケースホルダーの中でもLock it system / ロックイットシステムを採用したホルダーはホルダー自体も手軽に外すことが出来ます。また、使用したいときにすぐに装着できることが最大の魅力です。 着脱は専用ネジを六角レンチで90度まわすだけで簡単に行えます。

ソフトサイドバック / ハードサイドケース for C-Bow

ツーリングハードケースで培ったノウハウをソフトケースに活かし大ヒットとなった「Street」。
そのStreetを基に新たに設計された、ヘプコ&ベッカー ソフトサイドバック ハードサイドバックシリーズ。 ライダーにとっての利便性を追求した逸品です。
車種別専用ステーの「C-Bow」 との併用で、簡単に脱着が可能。もちろんキーによるロック機構も備えています。

ソフトサイドバック / ケース ホルダー C-Bow

ヘプコ&ベッカーのC-Bow用の設計されたソフトサイドバック、ハードサイドケースは このホルダー「C-Bow」が必要です。動画で御確認いただけるように、非常にスマートにサイドバック、サイドケースの取り付けが可能。バックやケースをはずした状態でも車体イメージを崩しません。

タンクバック

ヘプコ&ベッカーのタンクバック「STREET」、「ROYSTER」シリーズは車種別専用の取付キット『イージーロック ”Easy-Lock”』を装着することでワンアクションで車体への取付、取り外しが可能です。 このバックはヘプコ&ベッカー Speedrack EVO/スピードラックエボ と Easy-Lock for SpeedRackを組み合わせることにより、リアトップバックとしても利用可能。 荷物の量に合わせて調整できる可変容量やさっと取り付けが可能なレインカバーが収納されているなど(一部除く)、ツーリングに便利な機能を凝縮したタンクバックです。